『嵐が丘』を原書で読む(第24回)

(テキスト25ページ、5行目〜)

The hook was soldered into the staple, a circumstance observed by me, when awake, but forgotten.

hook(名)鉤(かぎ)、フック、自在鉤
solder(他)はんだづけする、はんだで修繕する
staple(名)(掛け金(hasp)、留め金(hook)などを受ける)輪形の受け金、ひじつぼ
circumstance(名)出来事、事実
observe(他)(~を)(観察によって)認める、目撃する(=notice)
when(接)~する時に、~時(時を表わす副詞節をつくる)

‘I must stop it, nevertheless!’ I muttered, knocking my knuckles through the glass, and stretching an arm out to seize the importunate branch: instead of which, my fingers closed on the fingers of a little, ice-cold hand!

must(助動)(いらだち・腹立たしさなどを表わして)~する必要がある
nevertheless(副)それにもかかわらず、それでも(=none the less)
mutter(他)低い声でぶつぶつ言う(+引用)
my(代)私の
knuckle(名)(通例the knuckles)(こぶしの)指関節部、げんこつ
through(前)(貫通・通過を表わして)~を突き破って
glass(名)窓ガラス
stretch(他)(手足などを)伸ばす、差し伸べる(出す)(out)
seize(他)(~を)(ぎゅっと・乱暴に)つかむ、握る、捕まえる
importunate(形)(人・要求など)うるさくせがむ、しつこい
branch(名)(木の)枝
instead of ~(前置詞的に)~の代わりに
which(代)(関係代名詞)(非制限的用法で/通例前にコンマが置かれる)(主格・目的格の場合)そしてそれは(を)
close(自)(手・腕などが)握る、つかむ、抱く(on)
ice-cold(形)(氷のように)冷たい

The intense horror of nightmare came over me; I tried to draw back my arm, but, the hand clung to it, and a most melancholy voice sobbed,
‘Let me in — let me in!’

intense(形)(感情など)熱烈な、強烈な
horror(名)恐怖
nightmare(名)悪夢
come over(感情・夜気などが)~を襲う、支配する
try(他)(~を)努力する、やってみる、(~しようと)する(+to do)
draw back(~を)引き戻す
clung(動)clingの過去形・過去分詞
cling(自)(~に)くっつく、くっついて離れない、ぴったりつく
to(前)(接触・結合・付加を表わして)~に、~へ
most(副)(通例the を用いないで)はなはだ、非常に(この語が修飾する形容詞が名詞の単数形とともに用いられる時は不定冠詞を伴う/この意味のmostが修飾する形容詞・副詞は話者の主観的感情・判断を表わす)
melancholy(形)憂鬱な、陰気な、もの悲しい
sob(自)すすり泣く、涙にむせぶ
let in(~を)入れる、通す ・Please let me in. 中に入れてください。

‘Who are you?’ I asked, struggling, meanwhile, to disengage myself.

ask(他)(物事を)聞く、尋ねる(+引用)
struggle(自)もがく、あがく、努力する(+to do) ・struggle to escape 逃れようともがく
meanwhile(副)(一方)その間、そうしている間に
disengage(他)(~ oneselfで)離れる
myself(代)(再帰的に用いて)(再帰動詞の目的語に用いて)(再帰動詞とともに全体で自動詞的な意味になる)

‘Catherine Linton,’ it replied, shiveringly (why did I think of Linton? I had read Earnshaw twenty times for Linton)—‘I’m come home, I’d lost my way on the moor!’

Catherine(名)キャサリン(女性名/愛称Cathy、Kate、Kitty)
Linton(名)リントン
reply(他)(~と)答える(目的語には答える内容がくるので、人称代名詞やletterなどの名詞は用いられない)(+引用)
shiveringly(副)<shiver(自)(恐怖・寒さで)震える
do(助動)(be以外の動詞の疑問文に用いて)
think of ~(案など)を思いつく
Earnshaw(名)アーンショウ(Emily BrontëのWuthering Heightsに登場する、主人公Heathcliffの養家の名)
twenty(形)(基数の20)多数の
time(名)(複数形で)倍
for(前)(対応)~に対して
I'm I amの短縮形
come(自)(人・ものが)(ある場所に)到着する、やってくる
home(副)わが家へ ・come home 帰宅する
I'd I hadの短縮形
lose(他)(道を)見失う、(道に)迷う ・lose one's way 道に迷う
way(名)(通例単数形で)(the ~、one's ~)行く道 ・lose one's way 道に迷う
moor(名)(英)荒れ地、荒野、ムア(イングランドスコットランドでheatherの生えた通例泥炭質の土地/特に、ライチョウ(grouse)の狩猟場)

As it spoke, I discerned, obscurely, a child’s face looking through the window — Terror made me cruel; and, finding it useless to attempt shaking the creature off, I pulled its wrist on to the broken pane, and rubbed it to and fro till the blood ran down and soaked the bed-clothes: still it wailed, ‘Let me in!’ and maintained its tenacious gripe, almost maddening me with fear.

as(接)(時を表わして)~している時、~したとたんに
discern(他)(~が)かろうじて見える(聞こえる)、(~を)どうにか認める
obscurely(副)<obscure(形)(音・形など)はっきりしない、ぼんやりした
look through ~ ~を通して見る
terror(名)(非常な)恐怖
make(他)(~を)(~に)する(+目+補)
cruel(形)(人・行為など)残酷な、冷酷な、無慈悲な、じゃけんな
find(他)(~が)(~であると)知る、感じる、わかる(+目+補)
useless(形)役に立たない、無用(無駄)な(⇔useful/pointless)
attempt(他)(~を)試みる、企てる(結果的な失敗を含意することが多い)
creature(名)(通例修飾語を伴って)人、やつ、女、子
off(副)(分離を表わして)分離して、とれて
its(代)それの、あれの、その
wrist(名)手首
onto(前)~の上へ((英)ではon toとすることもある)
broken(形)壊れた、砕けた、破れた
pane(名)窓ガラス(の1枚)
rub(他)(もの・ものの表面を)手などでこする
to and fro あち(ら)こち(ら)に
till(接)(動作・状態の継続の期限を表わして)~まで(ずっと)
run down 流れ落ちる
soak(他)(液体が)(~を)ずぶぬれ(びしょぬれ)にする
bedclothes(名)(複)寝具、夜具(=bedcovers)(敷きぶとんを除きベッドに使うシーツ・毛布類)
still(副)それでも(やはり)、なお(=nonetheless)
wail(他)(~を)嘆く、嘆き悲しむ(+引用)
maintain(他)(~を)持続する、維持する(=preserve)
tenacious(形)しっかり握って離さない
gripe→grip(名)(通例単数形で)つかむ(握る)こと
almost(副)(動詞を修飾して)もう少しで、すんでのところで、~するばかりに
madden(他)(人を)発狂させる
with(前)(原因を表わして)~のせいで、~のゆえに、~のために ・with fear 怖くて

‘How can I!’ I said at length.

say(他)(人に)(~と)言う、話す、述べる、(言葉を)言う(+引用)
at length ついに、ようやく

‘Let me go, if you want me to let you in!’

let ~ go(~を)行かせる
want(他)(人が)(人に)(~することを)望む、(人に)(~して)ほしいと思う(+目+to do)

The fingers relaxed, I snatched mine through the hole, hurriedly piled the books up in a pyramid against it, and stopped my ears to exclude the lamentable prayer.

relax(自)(緊張・力などが)緩む
snatch(他)(通例副詞句を伴って)(ものを)ひったくる、ひっつかむ
mine(代)私のもの(さす内容によって単数または複数扱いとなる)
through(前)(貫通・通過を表わして)(戸口・経路など)を通り過ぎて、~から
hurriedly(副)大急ぎで、あわてて、あわただしく
pile up(~を)積み重ねる
in(前)(配置・形状をなして)~をなして、~になって
pyramid(名)ピラミッド形のもの
against(前)~に立てかけて
stop(他)(穴・出口などを)埋める、ふさぐ ・stop one's ears 耳をふさぐ
exclude(他)(~の)入ることを拒む
lamentable(形)悲しい、悲しむべき
prayer(名)(通例単数形で)嘆願

I seemed to keep them closed above a quarter of an hour, yet, the instant I listened again, there was the doleful cry moaning on!

seem(自)(~と)見える、思われる、(~)らしい(+to do)
keep(他)(~を)ずっと(~の状態に)しておく(+目+補)
closed(形)(ドア・窓・蓋など)閉じた、閉鎖した(⇔open)
above(前)(基準・数量など)~を越える(て)
yet(接)それにもかかわらず、しかしそれでも、それなのに
instant(名)(the ~/接続詞的に)~した(する)瞬間に、~するやいなや(=minute)
there(副)(thereは形式上主語のように扱われるが、動詞の後に通例不特定のものや人を表わす主語が続く/「そこに」の意味はなく、日本語ではthere isで「~がある」の意になる)/(beを述語動詞として)
doleful(形)悲しげな、悲しい、憂いに沈んだ
cry(名)叫び(声)
moan(自)うめく、うなる
on(副)(動作の方向を表わして)前方へ、こちらの方に、~を先に向けて

‘Begone!’ I shouted, ‘I’ll never let you in, not if you beg for twenty years!’

begone(自)(命令法または不定法で)立ち去れ!
shout(他)(~を)大声で言う(+引用)
I'll I willの短縮形
will(助動)(意志未来を表わして)(1人称の主語に伴い、発話時の話者の意志を表わし、約束・諾否・主張・選択などを示して)~するつもりである、~しようと思う
never(副)(notよりも強い否定を表わして)決して~ない
not(副)(否定の文・動詞・節などの省略代用語として)
beg(自)(人に)(~してほしいと)懇願する
for(前)(時間・距離を表わして)~の間(ずっと)
twenty(形)(基数の20)20の、20個の、20人の

‘It's twenty years,’ mourned the voice, ‘twenty years. I’ve been a waif for twenty years!’

it's it isの短縮形
it(代)(非人称動詞(impersonal verb)の主語として)(特にさすものはなく、従って訳さないで文の形式的主語となる)/(時間・日時を漠然とさして)
mourn(他)悲しそうに言う
I've I haveの短縮形
waif(名)浮浪児、宿なし子
【参考文献】
Wuthering Heights (Penguin Classics)』Emily Brontë・著
嵐が丘(上) (光文社古典新訳文庫)小野寺健・訳
新英和中辞典 [第7版] 並装』(研究社)
リーダーズ英和辞典 <第3版> [並装]』(研究社)
リーダーズ・プラス』(研究社)