『カンタベリー物語』を原文で読む(第18回)

(テキスト18ページ、24行目~)

(The Parson)

parson(名)教区牧師

A good man was ther of religioun,
And was a povre Person of a toun,
But riche he was of holy thoght and werk.

good(形)(道徳的に)良い、善良な、有徳の(⇔evil)
man(名)(修飾語句を伴って)(特定の仕事・正確などの)男性
there(副)(thereは形式上主語のように扱われるが、動詞の後に通例不特定のものや人を表わす主語が続く/「そこに」の意味はなく、日本語ではthere isで「~がある」の意になる)/(beを述語動詞として)
religioun→religion(名)宗教
povre→poor
Person→Parson
toun→town
riche→rich(形)(~に)恵まれて
of(前)(関係・関連を表わして)~の点において、~に関して、~について
holy(形)神聖な、聖なる
thoght→thought
werk→work(名)(形容詞に修飾されて)(~な)やり方、行為、手並み

He was also a lerned man, a clerk,
That Cristes gospel trewely wolde preche;
His parisshens devoutly wolde he teche.

lerned→learned(形)学問(学識)のある、博学な、博識な ・a learned man 学者
clerk(名)(古)学者
that(代)(関係代名詞)(人・ものを表わす先行詞を受けて通例制限用法で)(~する(できる))ところの/(主語として)
Cristes→Christ's
Christ(名)キリスト(救世主(the Savior)となって出現したJesusの称号)
gospel(名)福音/キリストとその使徒たちの説いた教え、キリスト教の教義 ・preach the gospel 福音を説く
trewely→truly(副)忠実に、誠実に
wolde→would(助動)(過去の習慣・動作などの反復についての回想を表わして)~したものだった、よく~した
preche→preach(他)(福音などを)説教する、説く ・preach the Gospel 福音を説く
his(代)彼の
parisshens→parishioners
parishioner(名)教区民
devoutly(副)信心深く
teche→teach

Benynge he was, and wonder diligent,
And in adversitee ful pacient,
And swich he was proeved ofte sithes.

Benygne→Benign
benign(形)(人・行為など)恵み深い、親切な、優しい
wonder(副)=wonderfully(副)不思議に(も)、驚くほど
diligent(形)(人が)勤勉な、よく勉強する(⇔lazy)
in(前)(環境を表わして)~の中で(を)
adversitee→adversity(名)逆境、不運
ful→full(副)(形容詞・副詞を修飾して)まったく、非常に
pacient→patient(形)忍耐(辛抱、我慢)強い(⇔impatient)
swich→such(代)(単数または複数扱い)(先行の名詞に代わり、また既述内容をさして補語に用いて)そのような人(もの)
proeved→proved
prove(他)(~を)証明する、(~の)真実であることを示す(+目+補)
ofte sythes→ofttimes(副)(古)しばしば

Ful looth weere hym to cursen for his tythes,
But rather wolde he yeven, out of doute,
Unto his povre parisshens aboute
Of his offrynge and eek of his substaunce.

looth→loath(形)(~するのが)気が進まないで(+to do)
weere→were
hym→him
cursen→curse(他)(人を)破門する
for(前)(原因・理由)~の理由で、~のため(=because of)
tythes→tithes
tithe(名)十分の一税(教会維持のため教区民が毎年主に農作物の10分の1を納めた/今は廃止)
rather(副)(would rather ~で)(~よりは)むしろ喜んで、進んで
would(助動)(強い願望・選択を表わして)~したいと思う
yeven→give
out of(前)~の範囲外に(⇔within)
doute→doubt
unto(前)(古)~に、~のほうへ、~まで
aboute→about(副)あたりに、そこいらに、手近に
of(前)(起源・出所を表わして)~から、~の
offrynge→offering(名)(教会への)献金
eek→eke(副)(古)また、さらに、そのうえ
substauncesubstance(名)資産、財産

He koude in litel thyng have suffisaunce.

koude→could
in(前)(範囲を表わして)~において、~内で
litel→little
thyng→thing
have(他)(~を)得る、もらう、受ける
suffisaunce→sufficiency(名)十分、足りること、充足

Wyd was his parisshe, and houses fer asonder,
But he ne lafte noght, for reyn ne thonder,
In siknesse nor in meschief to visite
The ferreste in his parisshe, muche and lyte,
Upon his feet, and in his hond a staf.

Wyd→Wide
wide(形)(面積が)広い、広大な
parisshe→parish(名)教区、教区民(教区教会(parish church)と教区牧師(parish priest)をもつ宗教上の区域)
fer→far
asonder→asunder(形)離れて、離れ離れに(で)、ばらばらに(で)
ne(副)(古)=not
lafte→left
leave(他)(業務などを)やめる
noght→not
reyn→rain
ne(接)(古)=nor
thonder→thunder(名)(ゴロゴロ鳴る)雷、雷鳴
in(前)(状態を表わして)~の状態に(で)
siknesse→sickness
meschief→mischief(名)(廃)不幸
visite→visit
ferreste→farthest(形)(farの最上級)(距離的に)最も遠い
in(前)(全体との関係を表わして)~の中で、~のうちで
muche→much(形)(廃)=great(形)身分(生まれ)の貴い、地位の高い、高貴な
lyte→light/small(形)(古)地位(階層)の低い、平凡な
on(前)(方法・手段・器具を表わして)~で、~によって
foot(名)徒歩 ・on foot 歩いて、徒歩で
hond→hand
staf→staff(名)つえ、棒、こん棒

This noble ensample to his sheep he yaf,
That first he wroghte, and afterward he taughte.

this(形)(指示形容詞)この/(これから述べたり指示しようとする物事をさして)
noble(形)称賛に値する、りっぱな
ensample→example(名)手本、模範 ・give a good example for a person 人によい手本を示す
to(前)(行為・作用の対象を表わして)(間接目的語に相当する句を導いて)~に
sheep(名)信者たち、教区民
yaf→gave
that(接)(名詞節を導いて)(~)という/(同格節を導いて)
first(副)(何はさておいても)まず
wroghte→wrought(動)workの過去形・過去分詞
work(自)働く、仕事をする
afterward(副)のちに、あとで
taughte→taught
teach(自)(~で)教える

Out of the gospel he tho wordes caughte,
And this figure he added eek therto,
That if gold ruste, what sholde iren do?

out of(前)(起源・出所を表わして)~から、~からの
gospel(名)福音書
tho→those
wordes→words
word(名)(しばしば複数形で)(口で言う)言葉
caughte→caught
catch→take(他)(~を)(~から)引用する、借用する
figure(名)比喩的表現、比喩
add(他)(言葉を)付け加える
therto→thereto(副)それに、それへ、そこへ(の)
ruste→rust(自)(金属が)さびる、腐食する
what(代)(疑問代名詞)(不定数量の選択に関して用いて)何、どんなもの(こと)、何もの、何事/(目的語の場合)
sholde→should(助動)(直説法で未来を表わすshallの過去形で)(時制の一致で従節内に用いて/単純未来の場合)~であろう
iren→iron(名)鉄

For if a preest be foul, in whom we truste,
No wonder is a lewed man to ruste;
And shame it is, if a preest take keep,
A shiten shepherde and a clene sheep.

for(接)(通例コンマ、セミコロンを前に置いて、前文の付加的説明・理由として)という訳は~だから(as、since)
preest→priest(名)(特にカトリックの)司祭
foul(形)(行為・犯罪など)憎むべき、邪悪な(=wicked)
in(前)(人の能力・性格・才能を表わして)(人)の中に、~には
whom(代)(関係代名詞whoの目的格)(非制限的用法で/通例前にコンマが置かれる)そしてその人(たち)を(に)
truste→trust(自)(~を)信用する(in)
No wonder(that)~ ~は少しも不思議でない(この構文ではしばしばthatは略される)
be(助動)(be+to doで)(運命を表わして)~する運命である
lewed man→layman(名)(聖職者に対して)平信徒
rust(自)(使用しないため)鈍る、さびつく
shame(名)(a ~)残念な(ひどい、気の毒な)こと ・It's a shame that ~のは残念だ。
it(代)(形式主語としてあとにくる事実上の主語の不定詞句・動名詞句・that節などを代表して)
keep→heed
take heed(~を)注意する、用心する、重んずる
shiten→shitten/defiled
defile(他)(~の)神聖を(~で)汚す
shepherde→shepherd(名)(教会員を羊に見立てて)牧師
clene→clean(形)(精神的・道徳的に)潔白な、高潔な、偽りのない

Wel oghte a preest ensample for to yive,
By his clennesse, how that his sheep sholde lyve.

Wel→Well
well(副)十分に、よく(=thoroughly)
oghte→ought(助動)(to doを伴う)(義務・当然・適当・必要を表わして)~すべきである、~するのが当然(適当)である、~したほうがよい
for(前)(感情・趣味・適性などの対象を表わして)~に対して(する)、~を理解する
yive→give(他)(人に)(例・模範を)示す ・give a person an example 人に例を挙げる
by(前)(手段・媒介を表わして)~で
clennesse→cleanness(名)<clean(形)
how(副)(疑問詞)(方法・手段を尋ねて)(to doまたは節を導いて)どうやって~するか
lyve→live(自)生きる、生存する

He sette noght his benefice to hyre
And leet his sheep encombred in the myre
And ran to Londoun unto Seint Poules
To seeken hym a chauntrye for soules,
Or with a breetherede to been withoolde;
But dwelte at hoom, and kepte wel his foolde,
So that the wolf ne maade it noght myscarye;
He was a sheepherde and noght a mercenarye.

sette→set(他)(人に)(~)させる(+目+to do)
benefice(名)聖職禄(ろく)(給)(英国国教ではvicarまたはrectorの収入)
hyre→hire(他)(料金を払って)(~を)(一時)借りる、賃借りする
leet→left
leave(他)(人・ものを)(~の状態に)しておく(+目+補)
encombred→stuck(形)足止めを食って、立ち往生して(in)
myre→mire(名)ぬかるみ、泥沼
run(自)(~へ)ちょっと行く(訪ねる)(to)
to(前)(方向を表わして)(到達の意を含めて)~まで、~へ、~に
Londoun→London(名)ロンドン(イングランド南東部Thames河畔の大都市/イングランドと英国の首都)
Seint Poules→Saint Paul's
St. Paul's(名)セントポール大聖堂(英国国教会の主教座教会/Londonを管区とし、その主教はBishop of London)
seeken→seek(他)(~を)求める、得ようとする
chauntrye→chantry(名)(冥福を祈ってもらうための)寄進、寄金
soules→souls
soul(名)霊魂、魂
with(前)(委託を表わして)(人)の手にゆだねられて、~に
breetherede→brotherhood(名)(単数または複数扱い)(共同の目的で団結した)同業組合(=association)
been→be
withhoolde→withheld
withhold→employ(他)(人を)雇用する、雇う、使う
dwelte→dwelt(動)dwellの過去形・過去分詞
dwell(自)(副詞句を伴って)(~に)住む、居住する
hoom→home(名)生まれ故郷、郷里
kepte→kept
wel→well
foolde→fold(名)家畜(特に、羊)のおり(囲い)
so that(結果の副詞句を導いて)それで、そのため
wolf(名)オオカミ
maade→made
make(他)(強制的にも非強制的にも)(~に)(~)させる(+目+原形)
noght→not
myscarye→miscarry(自)(廃)不幸なめにあう
mercenarye→mercenary(名)金のためなら何でもやる人

And thogh he hooly weere and vertuous,
He was noght to synful men despitous,
Ne of his speche daungerous ne digne,
But in his techyng discreet and benygne.

thogh→though
hooly→holy(形)(人・生活など)信心深い
vertuous→virtuous(形)有徳の、徳の高い、高潔な
to(前)(行為・作用の対象を表わして)~に対して、~に
synful→sinful(形)罪のある、罪深い ・a sinful man 罪深い人
despitous(形)(古)軽蔑的な、侮辱的な
ne ~ ne ~(古)=neither ~ nor ~
neither(副)(neither ~ nor ~で相関接続詞的に用いて)~も~もどちらも~ない(しない)
speche→speech(名)話し方、話しぶり
daungerous→dangerous/domineering(形)横柄な、傲慢(ごうまん)な(=overbearing)
digne→haughty(形)(人・行為など)傲慢(ごうまん)な、横柄な(⇔humble)
but(接)(前の否定語・句・文と照応して)(~ではなく)て
techyng→teaching(名)教えること、教授、授業
discreet→courteous(形)礼儀正しく思いやりのある、丁重な
benygne→benign

To drawen folk to hevene with fairnesse,
By good ensample, this was his bisynesse.

drawen→draw(他)(副詞句を伴って)(ものを)(ある方向に)引き寄せる
folk(名)(複数扱い)人々
hevene→heaven(名)天国、天界、極楽(=paradise/⇔hell)(古代の天文学では天を七つ(または九つ)の層と考え、その最上層が神・天使のすみかとされた) ・go to heaven 天国に行く、死ぬ
with(前)(様態の副詞句を導いて)~を示して、~して
fairnesse→fairness/kindness(名)親切、優しさ、いたわり
this(代)(指示代名詞)(すぐ前に言われたことをさして)こう、こういう、このこと
bisynesse→business(名)(通例one's ~で)(やるべき)仕事、職務、務め、本分

But it weere any persone obstynaat,
What so he weere, of heigh or lowe estaat,
Hym wolde he snybben sharply for the nonys.

any(形)(疑問文・条件節で名詞の前に用いて)(可算の名詞の単数形につけて)何か(どれか)一つの、だれか一人の
persone→person
obstinaat→obstinate(形)(人・態度など)がんこな、強情な
what(代)(疑問代名詞)(人の職業などを尋ねて)何者、どんな人
of(前)(of+名詞で形容詞句をなして)~の
heigh→high(形)(身分・地位など)高い、高貴な
lowe→low(形)(階級・位置など)低い、卑しい
estaat→estate(名)(社会上の)階級(特にフランス革命以前の聖職者・貴族・平民の3身分にいう)
Hym→him
would(助動)(仮定法(叙想法)で用いて)(現在または未来の事柄について帰結節で無意志の仮定を表わして)~(する)だろう
snybben→snib(他)=snub(他)しかりとばす
sharply(副)厳しく
for the nonys→for then anes
for(前)(時間・距離を表わして)~の間(ずっと)
anes(副)=once

A bettre preest I trowe ther nowher noon ys.

bettre→better
trowe→true/believe(他)(~と)思う、信じる(+that)
nowher→nowhere(副)どこにも~ない
noon→none(代)だれも~ない
ys→is

He wayted after no pompe and reverence,
Ne maked hym a spyced conscience,
But Cristes loore and hise apostles twelve
He taughte, but first he folwed it hymselve.

wayted→waited
wait after→desire(他)(~を)強く望む、欲求する、望む
no(形)(主語・目的語になる名詞の前に用いて)(複数名詞、不可算の名詞の前に用いて)どんな(少しの)~もない
pomp(名)華やかさ、華麗、壮観
reverence(名)(深い尊敬・愛情をもった)崇敬、尊敬
make(他)(~を)生じさせる、(~の)原因となる
spyced→spiced/overfastidious(形)あまりに気むずかしい、やかましすぎる
conscience(名)良心、道義心、善悪の観念
loore→lore(名)(古)教え
hise→his
apostle(名)(the Apostles)(キリストの)十二使徒
twelve(形)(基数の12)12の、12個の、12人の
folwed→followed
follow(他)(人(の説・教え・主義)を)奉ずる
hymselve→himself(代)(強調に用いて)彼自身/(3人称単数の男性代名詞とともに用いて同格的に)
【参考文献】
原文対訳「カンタベリィ物語・総序歌」』苅部恒徳、笹川寿昭、小山良一、田中芳晴・編・訳・注(松柏社
カンタベリー・テールズ市河三喜、松浪有・編注(研究社)
新英和中辞典 [第7版] 並装』(研究社)
リーダーズ英和辞典 <第3版> [並装]』(研究社)
リーダーズ・プラス』(研究社)
新英和大辞典 第六版 ― 並装』(研究社)